忍者ブログ

バイアグラ個人輸入

純正バイアグラやジェネリックバイアグラの激安個人輸入代行購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング 100%保証

ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

EDが疑われる症状

あなたにEDの疑いがあるかどうか。「私はそうじゃない」と思っている人も手始めに、ここでごく初歩的なチェックをしてみましょう。以下、4つの質問を提示しますので、YES、NOで答えてください。

■過去6ヶ月の間に、あなたは、
1.常に勃起を達成し、維持させることに自信がありましたか。
2.勃起した際に、常に挿入するのに十分な硬さになりましたか。
3.性交あるいは性的行為が終わるまで、常に勃起を維持することができましたか4.勃起を達成し、維持させる能力について満足しましたか。
以上、4項目の質問に、1つでもNOの回答があった場合、EDの疑いが濃厚になります。

EDの症状には個人差がありますが、次のような症状によってランク別に分けることができます。
「たまにできない」・・・(軽症)
「時々できない」・・・(中等症)
「常にできない}・・・(重症)

治療の目安として、たまにできない(軽症)という症状は、パートナーとの前向きの対応によって改善される余地がまだ残されています。しかし、中等症や重症ランクの症状は、専門医の診察、治療が必要になります。また、たとえば性行為が妻とはできないが、ほかの女性とならできる人もEDといいます。

我が国のED患者は、推定で1130万人(軽症を除く)ですが、これを先のランク別に分けてみますと、40代の中等症は20%前後、50代で40%前後、60代で60%前後が中等症以上の患者数です。

また、一般市民意識調査(2000年4月)によりますと、既婚男女(30~79歳)の調査で、既婚男性の30%がEDを自覚しています。これには軽症も含まれていますが、男性、女性からも見た数字で一致していますので、ほぼ正確なデータといえるでしょう。

問題は、こうしたEDを自覚した人で、どの程度の症状以上の人が専門医の治療を必要とするのでしょうか。本人とそのパートナーが、治療は必要ないと思っている場合は治療の必要はありません。ただし、本人が治療の必要はないといっても、パートナーが治療を求めれば、やはり治療は必要ということになります。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり










Copyright ©  -- バイアグラ個人輸入 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / トラウトルアーデザインラボ「スーパーライズ」
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング