忍者ブログ

バイアグラ個人輸入

純正バイアグラやジェネリックバイアグラの激安個人輸入代行購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング 100%保証

ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

EDって、そんなに多いものなのか?

新婚時代、夜を迎えるのが待ち遠しかった・・・。

昼からそわそわするような、そんな甘い経験はなかったでしょうか。一晩に2回とか、あるいは3回といった性行為をこなし、楽しい性生活を満喫していた青春時代・・・。やがて赤ちゃんが誕生し、妻が母親になり、本人も夫から父親に変身します。しかし、加齢に伴い、地下鉄の階段を上がるときなど、少し息を弾ませるような年齢にさしかかったとき、性生活の方も次第に衰えをみせてきます。まして働き盛りの熟年期は職務に追われる一方、体力の老化も進行し、または子供の教育問題など取り巻く家族の状況や、住宅事情などの周辺事情が津波のように押し寄せてきます。こうした年齢に伴う変遷は、またパートナーにも同じことがいえるでしょう。

目まぐるしい、このような生活状況の推移と並行しながらも、「まだその気が十分あるのに、どうも身体の方がついてきてくれない」というEDの患者は、1998年の統計では軽症を除くと1130万人以上も存在します。ちなみに米国では3000万人、世界では合わせて1億人とも推定されています。

このED患者をほかの主な病気の患者と比較してみますと、高血圧症が1120万人、糖尿病が690万人。EDに悩んでいる患者は、国民病といわれている糖尿病よりも、はるかに多いということになります。

ところが、不思議なことに、私たちの周囲にいる友人、知人の中で、高血圧や糖尿病の患者は多くみられるのに、ほぼその2倍に近い性機能障害者が見当たりません。これはなぜでしょうか。例えば次のような一つの調査報告書を紹介してみます。

こんなデータがあります。
1.EDの自覚の有無
  男性、自覚あり・・・・29.9%
  女性、自覚あり(パートナーに対し)・・・・30.1%
2.性生活の満足度(とても満足、まあ満足)
  夫がEDでない女性・・・・55.9%
  夫がEDの女性・・・・23.6%
3.EDで医師に相談したことがある(男性)・・・・4.8%

このアンケートから、ED患者が非常に多いということが分かります。問題は次です。ではEDに関して専門医に相談したことがあるのかという問いに、回答はわずか4.8%と極端に少なくなっています。患者数が非常に多いわりには、病院や専門医師に診察を受ける患者が極めて少ないことが分かります。要するに、ここに示されたデータから、EDは、“隠れた病気”あるいは“隠しておきたい病気”といえます。

EDはれっきとした病気なのに、なぜ病院に足を運び適切な治療を受けようとしないのでしょうか。これはまだインポ、いわゆる性不能者という誤解を下地にした半ば諦めのイメージが色濃く、また、陰茎局部の治療という羞恥心もあって、なかなか病院にかかりづらいということが大きな要因ではないでしょうか。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり










Copyright ©  -- バイアグラ個人輸入 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング