忍者ブログ

バイアグラ個人輸入

純正バイアグラやジェネリックバイアグラの激安個人輸入代行購入 正規品・満足度・口コミ・配送・ランキング 100%保証

EDの診察・診断
ベストケンコー - ED薬でタグ付けをされた商品

EDは増えている

EDはもともと男性の性障害のなかでいちばん多い訴えでしたが、最近さらに増えています。10年ほど前のデータではEDの患者数は約300万人でしたが、すでに述べたように、1999年には980万人となっています。

もちろんこの数字から、EDが急速に増加していると単純に結論づけることはできません。病気というのは一般に、病名がついてその症状や治療の現実が広く知られるようになると、病院にくる患者さんが増えてくるからです。特に、「これは気持ちの問題だから、しょうがない」などと思われていた症状の場合、患者さんは「ああ、これは病気だったんだ」と、むしろ安心して医師のところにやってくるようになります。したがって、この980万人という数字は、治療している・いないを含めて、現在、日本にこのくらいEDの患者さんがいる、という推計の数字と考えてください。

しかし、病院にくる患者さんは当然増えています。このことには、治療薬であるバイアグラの登場が大きくかかわっています。つまり、バイアグラの出現によって、患者さんたちがEDの治療を気軽に受けられるようになったのです。

バイアグラをいちばん多く処方しているのは、泌尿器科医よりもむしろ診療所などの内科医です。ですから、EDの患者さんたちは泌尿器科の専門医に行くよりも、かかりつけのホームドクターに相談しているケースのほうが多いと思います。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR

日本人のEDは980万人以上

EDという病気にかかっている人は、世界中で1億人以上に上るという疫学調査があります。

日本のEDの有病率は、加齢によるものもあるため、高齢者ほど高くなります。1999年の発表によると、日本におけるEDの有病率は、「つねにできない」という完全型EDと「しばしばできない」という中等症EDを合計すると、40代で20%前後、50代で40%前後、60代では60%前後と高い率を示しています。実数としては、中等症と重症を合わせて約980万人、「たまにできない」という軽症をふくめると1000万人を超えると報告されています。

成人の10人に1人といわれる糖尿病の患者は472万人、高齢者にごくありふれている高血圧症の患者は1320万人ですから、男性だけに起こるEDが軽症を除いても980万人もいるというこの数字が、いかに大きいものであるかがよくわかるでしょう。実に、40~70歳代の男性の半数以上が、何らかの原因でEDになっている、と考えられているのです。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

男なら誰でもEDになる可能性がある

EDは命にかかわる病気ではありませんが、男性としての自信にかかわり、またそれが原因でパートナーとの生活をぎくしゃくさせてしまうこともあります。つまり、この病気の男性とそのパートナーのQOL(生活の質)を大きく損なうおそれがあるのです。

性交にあたっては、男性器が勃起してスタンバイ状態になるのがふつうです。それなのに、まったく勃起してくれない、なかなか勃起してくれない、勃起が不十分である、勃起してもすぐにしぼんでしまう・・・などというのがEDなのですから、EDは男性は男性にとってはもちろん、そのパートナーである女性にとっても大きな問題です。

しかし、男性ならよくわかることですが、勃起してほしいときに勃起しなかったことは一度もない、という人はむしろ珍しいでしょう。一方、非常に疲れていてできなかったとか、お酒を飲みすぎたときにできなかった、などの経験をもつ人は多いことでしょう。このように「たまにできない」という軽いものをふくめれば、EDは誰にでも起こる可能性があるのです。

上に述べたような一時的なものであっても、その状態自体はEDです。しかし、短期間で疲れがとれて勃起できるようになった、お酒が入らなければ大丈夫、というように一時的なものであれば、治療の必要はありません。

つまり、EDという症状が起こっただけで、すぐに深刻に考える必要はありません。治療するかどうかの基準は、そういった状態を繰り返すかどうかが、まず1つの目安になります。また繰り返さなくても、本人自身が非常に不安であるということであれば、治療を行なったほうがいいでしょう。

EDの治療は薬物療法を中心にずいぶんと進歩しました。ですから、自分はEDではないかと思ったら、悩まずに、なるべく早めに泌尿器科を受診してください。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

勃起しない、勃起の維持ができないのがED

EDとはErectile Dysfunctionの頭文字をとった略語で、日本語では、「勃起障害」と訳されています。以前はインポテンスと呼ばれていましたが、1992年に開かれたNIH(米国国立衛生研究所)によるコンセンサス会議で、男性の勃起障害を表現する用語としてErectile Dysfunction(ED)を使うよう勧告が出され、以来、日本でもこの用語が使われるようになったものです。今日ではED(勃起障害)という病名に変わっています。

EDは、別に恥ずかしいことではありません。また、勃起が起こらない、あるいは起こりにくいというだけで、その男性に生殖能力がないとか、オルガズムや射精が得られないというわけではありません。したがって、従来のインポテンスよりもEDという言葉のほうが、この病気の状態をよりよく表しているといえるでしょう。

日本性機能学会(旧インポテンス研究会)では1985年に、EDを「性交機会の75%以上で勃起が不十分であるために、満足な性交ができない状態」と定義しました。しかし、アメリカ泌尿器学会は1996年に、「満足のゆく性行為に十分な勃起を達成できない、もしくは維持できないこと」と、日本よりもずっと広い範囲の定義を発表しています。

日本でも最近は、このアメリカ泌尿器学会の定義に準じて、勃起および勃起の維持が不十分なために満足に性行為を行なえない状態を指すようになっています。ひとくちにEDといっても、つねにまったく勃起できない重症のタイプから、たまに勃起不全になる軽症のタイプまでありますが、要は十分に勃起できないために満足のゆく性行為が行なえないことをいいます。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

パートナー同士のストレス要因

夫婦、あるいはパートナーにしても、性的なストレスの要因として比較的に多いのはほかでもありません。基本的な問題点として誘うタイミング、場所、時間帯、それにセックスの内容などです。また、セックスに関し、誤解し合うというか、勘違いも極めて多いようです。

性行為をするためには、当たり前のことですが、場所と時間が必要です。場所として、一般的にはもちろん自宅ですが、寝室と隣り合わせで両親と同居しているとか、同じように思春期の子どもがいる場合など、行なう場所がセックスの環境に適していないといった住居の問題が起こります。こうした場所的な問題点を解消するために、性行為の場所を求めて、外出できる状態なのか。

次に時間帯ですが、主人は仕事が多忙で、平日は体も疲れており、すぐ寝てしまう。その場合、土曜日や日曜日など休日を利用した性行為ができるのか。加えて性行為は、太陽が沈んだ夜だけとは限りません。子どもが遊びに出た昼でもいいのですが、問題は、大半の女性は白昼から性行為をするという気持ちを起こさないということです。

しかし、外国人は昼でも堂々と行なうことがあり、この時間帯の取り決めなども、互いにコミュニケーションをとって前向きに話し合いをして解決してはどうでしょうか。

また、性行為の誤解、勘違いについて、最も多いケースは、女性の方は、あまり激しくしてほしくないのに、男性は相手を激しくしたら満足すると勘違いをします。性的に満足をさせることと、体をいたぶることは根本的に違います。また、男性だけが満足して終えるのも、健全な性行為ではありません。性行為は相手に対する温かい思いやりを常に失わないことです。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

パートナーとのストレスからEDになる

心因性のEDは総じてストレスからくるものですから、この種の治療は、このストレスを排除することによって心因性のEDは治ることになります。ストレス社会などともいわれる昨今、交通渋滞、満員電車、長引く不況、空気汚染、犯罪の激増などわれわれを取り巻く環境はまさにストレスの嵐。このような混沌とした社会現象も、多くのストレスを生み出す原因になっています。しかし、私たちのごく身近なストレスの二大柱といえば、日々汗を流して働く仕事や職場関係と、家族に分けることができるでしょう。

先に仕事、職場上のストレスですが、例えば上司との人間関係がうまくいかない。あるいはリストラに遭ったとか、会社が倒産したとか、不況で賃金が少しも上昇しないといった悩みなどから生まれるストレスは、抜本的な解決法は医学の範疇ではありません。カウンセリングとしても、前向きに進んでくださいというアドバイスを行なう程度です。

一方、子供の教育問題や、夫婦不仲など、家族が原因のストレスにしても、医学的な立場からは、一般的な助言しかできません。それでは、EDのカウンセリングとは、どんなことが主流になるのか。対象者はパートーになります。

仕事や家族環境もストレスの要因ですが、突き詰めれば、パートナーとのストレスが一番多く、EDを発症させる重要な起因にもなっています。

では、EDを誘発するパートナーとのストレスとはどんなものでしょうか。この点をまず掘り出さなければなりません。しかし、実際に、その原因を掘り出すにしても、まず診察に訪ねて来るEDの患者は男性であり、しかもEDは熱や汗といった自覚症状が表に出る風邪などの病気とも違います。知る手掛かりは本人の口から聞く以外にありません。さらにパートナー間に起因するストレスは、当のパートナーからも聴取しないと、正しい診断ができなくなる場合があります。また、当然、パートナーを相手にカウンセリングをしなければならないケースも出てきます。そのため、担当医によっては、来院しないパートナーにはアンケートで問診したり、来院のときは夫婦個別に話を聞いて問題点をとらえ、再度夫婦を招いてカウンセリングをすることがあります。

しかし、男性およびパートナー間のストレスは、専門医のアドバイスを受ける前に、何といっても本人同士が問題点を探り、前向きに話し合うことが解決の近道です。つまり、パートナーとのストレスは、よくコミュニケーションを図ることがED改善策の一歩になります。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

EDのカウンセリング、心理療法

性機能障害全体のなかで、勃起障害であるEDが占める割合は、ほぼ半数以上といわれています。そのEDのなかで、若年(30~40代)では心因性による原因は約90%。こうした心因性EDに対する心理療法は、専門的には精神分析療法、支持的精神療法、簡易精神療法、集団療法、表現療法などがあります。ここでは、ごく初歩的な専門医のカウンセリングや心理療法について述べてみましょう。

なぜ、初歩的なカウンセリングかといいますと、EDは例えばある晩、思いがけず勃起不可になって、性行為に失敗したとします。するとつぎの性行為時にも、「今晩もまた失敗するのでは」と、心理的な強迫観念に襲われます。一方、パートナーも、今晩こそは大丈夫という期待を寄せてきますが、それがまた当人の過度な強迫観念の上に、大きなプレッシャーとしてのしかかってきます。このように、思えば実に単純な心理的な作用が、EDをさらに深みに運び込んでしまうという症例数が相当に多いのです。初歩的なカウンセリングという意味はこういうことからです。

EDの治療として心理療法やカウンセリングを行なう場合、まず糖尿病など器質性のED患者は該当しません。もっとも、器質性のED患者も、厳密にいえば少なからず心因性の要因を抱えています。ただし、ここでは純粋な心因性のED患者を治療する意味でのカウンセリングとしておきましよう。

心理療法やカウンセリングの治療に先立って、EDの原因が器質性か心因性か、その診断が重要になります。心因性であると診断し、身体的にも問題がない患者に対して、カウンセリングの治療をスタートします。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

ホルモン検査 / ED診断の方法

性機能に最も影響を与える「ホルモン検査」とはこうです。少し専門的になりますが、脳下垂体から出るホルモンとして、LH(黄体ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)、それに性機能に影響を与えるPRL(プロラクチン)があります。そのほか、精巣から出るホルモンとしてはテストステロン(男性ホルモン)があります。そのほか、精巣から出るホルモンとしてはテストステロン(男性ホルモン)があります。では、この各種ホルモンを検査することによって、何が分かるのか、LHというのは、精巣を刺激するホルモンのことです。つまり、精巣を刺激してテストステロンを出せるホルモンです。ですからLHが低くてテストステロンが低いのは、下垂体、あるいは視床下部、要するに脳下垂体から出るホルモンが足りなくてテストステロンが少ないという状態のEDです。

また、LHは高いが、テストステロンが低い場合は、精巣が原因のEDになります。いずれにしてもテストステロンが低ければ、ホルモンの治療を行なうということになります。あと、プロラクチンも下垂体から出るホルモンですが、プロラクチンが高値の場合には、今度はその高値が問題になります。高いと性欲が落ちて勃起が弱くなるという症状です。

プロラクチンというのは、日本語に訳すると、乳汁分泌ホルモン。これは女性が出産後に母乳がでるようになりますが、このときに高値で出るホルモンのことです。同ホルモンは、実は男性にもあり、このホルモンが高値に出ると、性欲や勃起に悪い影響を与えるといわれています。問診に始まって、患者によってはこのような検査を行い、確定診断を得て、いよいよ治療の段階へと進みます。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

血液検査・尿検査 / 器質性EDの確定診断

まず、「血液一般検査」の狙いは、特に貧血の有無について調べることです。つまり、赤血球数、白血球数、分画、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板などを調べて、血液の異常を判断するものです。

「血液生化学検査」とは、栄養障害などを調べる蛋白関係、酵素の測定、脂質(総コレステロールなど)、血管障害、肝機能障害、腎機能障害、高脂血症などを調べます。

また、血尿の有無や尿糖、尿蛋白、腎障害、尿路感染などを調べるのが「尿検査」です。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

EDの診断の方法

あなたはEDか。もしEDなら何が原因か。心因性か、器質性か、それとも心因性と器質性の混合型か。EDの診断について専門医側は、患者からできる限りの正確な情報を得て、正確な診断を下し、適応治療の選択を試みます。一方、患者側は、なるべく簡単な診察で正しい診断をしてもらい、できる限り迅速な治療を望みます。そして一日も早く完治したいという願望を持ちます。

EDに限らず、どんな病気でも、医師、患者双方の思いは終始このようなものです。患者の願いの方はひとまずおいて、医師は先のような問診を踏まえ、EDの診断に着手します。その診断の手順は大きく二つに分けることができます。

先の基本的な問診(表)だけで仮の診断が行なわれ、すぐ治療(経口薬)に入るケース。問診だけの診察ですぐ治療に入るケースは、EDの原因が心因性の場合に多いようです。そしてもう一つは、これは原因が器質性の場合に多いのですが、確定診断といい、主として血液一般検査、血液生化学検査、尿検査、ホルモン検査などを行なうケースです。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

EDの診察室

EDの初診は、まず問診から始められます。診察の心構えとして、パートナーとの同伴が最も望ましいスタイルです。EDは男性の病気ですが、同じ重さで支障をきたすのは性行為の相手、つまりパートナーであることも忘れてはいけません。こうした観点から、EDは男性とそのパートナーの二人がダブルで抱えてしまう病気といえるでしょう。ですから、EDの診察は一人よりパートナーと共に臨んだほうが、改善の道が早く開かれることになります。

気を楽にして診察室に入りましょう。病院の窓口は泌尿器科(病院によっては心療内科など)になりますが、特に「日本性機能学会」の会員医師が担当医、つまりEDの専門医になりますと、問診票が配布され、記入するか、あるいは口頭で回答することになります。病院や担当医によっては、問診の漏れがないように詳細な問診票もあります。

診察室で医師と向き合い、EDの問診は当然、個人の性機能について話すことになります。多くの外来患者は羞恥心のためにウソをついたり、真実をゆがめて話したりまたは隠してしまうことも少なくありません。心情は理解できますが、初診の段階で担当医に誤った情報を伝えることは、その後の診察や治療の選択に支障をきたすことになります。EDは病気です。しかし治療可能な病気です。問診では羞恥心を捨てて、問診に対して正確に話すことが大切です。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。





バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり










Copyright ©  -- バイアグラ個人輸入 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / 「超」潜在意識の日本人用完全マニュアル
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング